増えるおもちゃはどうしてる?捨てられないならレンタルがオススメ!

こんにちは 杏です!

子供のおもちゃがどんどん増えてきて困っていませんかー?

おもちゃって毎月など頻繁には買わないにしても、誕生日やクリスマスなどイベント毎に確実増えていきます。

その他、おじいちゃんおばあちゃんなど周りの方からプレゼントとして頂く場合もありますよね。

しかし、取っておくにも保管場所が必要になってきます。

子供のおもちゃは勝手には無くならないので、何も対策をせずにそのままにしていたら、どんどん増える一方ですよ!

おもちゃを捨てるのは子供が嫌がるし、人形等だと捨てるのに抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いっそのこと売ってしまうのも手ですが、使い古したおもちゃが全部売れるわけではないですし、メルカリなどのフリマアプリに出品する作業自体も手間です。

そこで今回お勧めしたいのは、どんどん増えていく子供のおもちゃをどうしてるのか、という疑問を解決するために、捨てられないならレンタルしてしまおう!という提案です。

おもちゃをレンタルするという発想を今まで持っていなかったのですが、そんなサービスがあることを最近知りましたので、早速調査してみました。

  • 子供のおもちゃがどんどん増えてきているが、捨てるのに抵抗がある方
  • 知育玩具に興味がある方
  • 子供への最適なおもちゃの選び方がわからない方
  • 子供の使わなくなったおもちゃが溢れて収納に困っている方
  • 子供が飽きっぽく、おもちゃを買ってもすぐ遊ばなくなる
  • 物を減らしてスッキリした暮らしを目指す方(断捨離中の方)

このような条件に1つでも当てはまる方は、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

それではいってみよー!

スポンサードリンク

増えるおもちゃ、どうしてる?

よくある解決策は捨てる・売るですよね。

まず、捨てるという選択肢について考えてみましょう。

捨てるのにもお金と労力がかかります。

物の大きさにもよりますがゴミ袋に入るものもあれば、粗大ゴミなどに出さなければ処分できないものもあるでしょう。

もちろん古くなって修復不可能なものや保存不可能なものに関してはすぐに捨てることができると思いますが、自分たちでお金や労力を使って手に入れたものを、自らの手で処分するというのはなかなか抵抗があるものです。

では売る場合はどうでしょうか。

最近はフリマサイトなど便利なアプリが複数出ているので、フリマサイトで購入や出品した経験がある方も多いのではないでしょうか。

ただ、未使用なものならまだしも使い古したおもちゃを買う方がどのくらいいらっしゃるでしょうか。

もう販売していない数量限定のレア物なら話は別ですが、大抵中古品のおもちゃであればそんなに高額での出品は難しいと考えられます。

梱包・配送の出品の手間を考えても、捨てたいおもちゃ全部を売り切ると言うのは現実的に考えても難しいですよね。

おもちゃのレンタルを利用する

そこで今回オススメしたいのが、レンタルです。

おもちゃをレンタルするっていう発想無かったですよね?

私も最近まで知りませんでした。

そんなサービスが世の中にはあるんですね~!

\キッズラボラトリーってどんなサービス?/

キッズラボラトリーは、子供の成長に合わせた知育玩具を個別に選定してくれて、届けてくれるサービスです。

知育玩具って子供にとって良いのはなんとなく分かるけど、1つずつの値段も高いし、種類も色々あってどのおもちゃが我が子に合うのか迷ってなかなか手が出ないんですよね。

その点、キッズラボラトリーは専任のおもちゃコンシェルジュさん達が個別にヒヤリングしてくれるので、お任せするだけで、年齢や好みに合ったおもちゃを選出してくれるんですよ!

万が一、全然気に入らなかった、すぐ飽きて遊ばなくなったなんて場合も大丈夫!

交換も可能ですし、何よりレンタルなので、手元に残らないのが最大のメリット♪

これで遊ばなくなったおもちゃがどんどん増えて溜まっていくストレスからおさらばです!

今はおもちゃで遊ぶことも子供の大事な役目ですから、私たち親が良質なおもちゃを選んで与えてあげたいですよね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回この記事では、子供の増えるおもちゃはどうしているのか?という疑問を解決すべく、定番の「捨てる・売る」以外の「おもちゃをレンタルする・借りる」という選択肢を紹介しました。

今までおもちゃをレンタルするという選択肢がなかった方は、ぜひ検討されてみてください!

優良なおもちゃが届く上に、毎月交換可能なので、子供も飽きずに遊んでくれますよ!

物も増えずにwin-winです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

どなたかのお役に立ちますように!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする